仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

走塁論

【走塁論】草野球100%アウトにならない帰塁走法!! ポイントはあなたの背中

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

【走塁論】草野球100%アウトにならない帰塁走法!! ポイントはあなたの背中

『ランナー、アウトー!!』

ああっっっ、あなたの凡走塁で、チャンスを逸してしまいました。

せっかく自ら豪快会心の一撃で、

ライトオーバーのスリーベースでをかっ飛ばしたというのに・・・。

とほほっ、

 

場面はツーアウトランナー3塁。

ピッチャーの渾身のストレートに、

球審は『ストラーイク!』を宣告。

 

ヒットの余韻に浸っていたのも束の間。

キャッチャーからの好返球により

帰塁が間に合わず、タッチアウト!!

『あっ!しまった・・・。』

あなたは一瞬にしてチームのチャンスを台無しにしてしまいました。

”草野球あるある”です。

 

こんにちはわさびです。

草野球には走塁ミスって、本当に多いですよね。

目を瞑りたくなる様な凡走、

失笑してしまう走塁は日常の光景です。

ベンチが目線を逸らしていた瞬間、

『アウトー!』の宣告。

『えっ、いま、何が起きたの?』なんて、よくある事です。

走塁の凡ミスは記録に残らないので見過ごされやすいです。

うちのチームは走塁ミスが多すぎて、

そんな事、いちいち気にしていられないというチームもあるのないでしょうか。

しかし、走塁を各選手が意識するだけでチームは強くなるものです。

チームの得点力を上げる為に走塁ミスは未然に防ぎたいです。

 

 

・陸上部とは走りが異なります。

まずこの基本概念を念頭においてください。

 

ベースランニングは真っすぐ走りますが、

陸上部のランニングと野球のランニングでは、

そもそも走り方が違います。

 

極端な言い方をすると、陸上部は足を高く上げますが、

野球は足をあまり高く上げません。

 

野球には急ブレーキ、フルリターンという動作が入ります。

なので、いつでも止まる動作ができるようになるべく低い姿勢で走塁します。

 

・帰塁の基本はベースライン上を走塁する

草野球の場合、送球する選手と球を受ける選手の双方が上手とは限りません。

いつ何が起こるかわからないのが草野球です。

帰塁は、基本としてベースライン上に走塁します。

 

ベースラインを走塁しておけば、

あなたの大きな背中が壁となり邪魔をしてくれます。

キャッチャーからサード、或いはファーストへの送球が投げにくくなります。

ファースト、セカンド間の送球も同様の事が言えます。

 

敵選手が一流プレイヤーの場合は試合中も冷静沈着にプレーができますので、

キャッチャーからサードの選手に指示が出て、

ベースラインから外した所への送球で、タッチアウトとなるのが関の山です。

わさびは、敵のその上をいくプレーを心掛けています。

 

相手がワンランク上のプレーをしてくるのであれば、

こちらはツーランク上のプレーをすれば良いのです。

走塁のコツは、ベースラインから外れて構えている

敵選手のグローブ目がけて走塁すれば良いのです。

走塁するラインは、ベースラインを通るというルールはありません。

瞬時に判断をして走塁するラインを変更すれば良いのです。

 

野球は秒単位で判断を迫られます。

そして瞬時に身体を反応させるスポーツです。

頭を使わなければ、いいプレーは生まれません。

 

 

 

・振り逃げでセーフになる走塁のコツ

空振り三振、ボールが後逸した場合、振り逃げ選という選択肢があります。

まずはバッテリーの気持になり、心理を考えてみましょう。

当然、『やっちった・・・』と焦りを感じ、慌てるでしょうね。

この心理を突きます。

 

走塁のコツは、最高のスタートダッシュを切る事にあります。

バッテリーが後逸して『しまった・・・』と動揺しているのに、

あなたも『やべえ、三振しちまった・・・』と恥ずかしむのはヤメましょう。

三振振り逃げは、チームにとって、とても立派な出塁です。

値千金、ヒットで出塁したのと何ら変わりません。

自信を持って『ラッキー』と、最高のスタートダッシュを決めてやりましょう。

後は、ファースト選手のグローブ目がけて走れば大概はセーフになります。

 

スタートダッシュを決める、キャッチャーの動揺を誘います。、

『オレの肩で、間に合うかな・・・』と慌てます。

ボールの握り、スローイングに大きく影響します。

 

あなたはグローブ目がけて走塁すれば、送球ラインに走者が被ります。

あなたの大きな背中が邪魔で余計に焦ります。

 

オーバーランにならない範囲であれば、

走塁妨害を取られる事はありません。

あなたの演技力を活かして上手に走塁しましょう。

 

せっかく与えられた振り逃げの権利です。

やる気のない走塁では、楽々アウトにされるだけです。

棚ぼたでもらった振り逃げだからこそ、全力のプレーを心掛けましょう。

 

 

・塁間に挟まれた場合の走塁のコツ

牽制球などで、塁間に挟まれた場合、

走塁が苦手な選手だとあっさりと諦めてアウトになります。

 

どんなにあなたの足が鈍足であっても、

走塁のツボさえつかんでおけばセーフになり確率は上がります。

 

基本ができている敵チームの場合、

塁が若いほうにランナーを詰めていきます。

そして徐々に塁間を狭めていきランナーの殺しにかかります。

走塁に時間をかければかけるほどランナーは逃げ場を失いますので

アウトになる確立がたかまります。

その前に勝負に出るべきです。

 

セーフになる確率が高くなる走塁は、

線上にいる敵選手のグローブを頼りに帰塁します。

敵選手の構えるグローブの位置が、送球する選手を線で結ぶラインなのです。

しっかり想像しながら走塁して下さい。

 

・見えない背中で送球のタイミングを見る

セーフを落し入れる最高のタイミングは、送球された瞬間のリターンです。

 

背中で気配を感じ取りながら、走塁先の選手のグローブは動いた瞬間に、

ターンをしてください。

そして走塁側で待ち受ける敵選手のグローブ

目がけて全速力で帰塁します。

このタイミングが早ければ早い程、セーフになります。

数回でコツはつかめると思いますので練習を重ねてみてください。

 

 

・シングルヒットだとわかっていてもオーバーランをしよう

あなたが痛烈なレフト前ヒットを打ったとします。

火を噴くようなライナーだったので、

シングルヒット止まりのようです。

こんな時も、あなたは、あなた自身の勝手な判断で自らプレーを止めていませんか?

ベースの上に立っちゃっている人。たまにいますよね。

 

インプレーの間は、常に次のベースを狙う姿勢が大事です。

草野球はいつ珍プレーが起きるか分かりません。

オーバーランをしてハーフウエイで、ボールの行方を目で追ってください。

 

もしかしたらレフトの選手が、意味不明にホームに返球しかねません。

そんな時に、オーバーランしておけば、2塁はタダもらいです。

 

打った瞬間、誰の目から見てもシングルの当たりだとしても、

いつ失策、後逸するかわかりません。

 

フェンスのないグランドでは、

外野がトンネルして一気にホームまで生還したなんて、”草野球あるある”なのです。

しっかりとオーバーランしましょう。

 

 

・2塁ランナーに出た場合、1,3塁時の3倍のリードを取る

草野球はピッチャーが素人の事があります。

セカンドは穴という事も考えられます。

わさびは、試合中、ピッチャーのけん制力、

セカンド、ショートカバー力は必ずチェックしてます。

 

もしセカンドランナーに出塁した時、

イケると判断した場合、敵選手の能力値を考え、

大胆にサードとセカンドの半分までリードを取ります。

リードを取る場所は、ベースライン上より後方に1m以上膨らみます。

丁度、ショートと重なる位置が理想です。

ショートはセカンドベースに入りにくくなりますし、

あなたの視界からはセカンド選手が良くみえる絶好のポジションとなります。

 

1塁や3塁のランナーの場合、けん制球の為に塁ベースに敵選手は固定になりますが、

2塁ランナーの時は、ショートやセカンドが塁ベースでけん制を待つ事はありません。

 

 

だからこそこんな大胆なリードが取れるのです。

 

1塁と3塁の場合は、ランナーのリードはジリジリと慎重なリードになりますが、

2塁の場合は、ポンポンと大きくリードが取れます。

 

せっかく大きなリードが取れるチャンスです。

セカンドベースに釘付けになるようなアホな真似だけはしないで下さい。

 

シングルヒットでもホームに還る、

そんな強い気持ちを持ちましょう。

 

走塁については、奥が深いです。

またの機会にお伝えしたいと思います。

あなたは走塁の手抜きはしていませんか?

 

わさび

-走塁論
-, ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。