仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

走塁論

【走塁論】草野球 ベースランニングを極めた男の走り!!単打を長打に変える魔法の走塁とは?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

【走塁論】草野球 ベースランニングを極めた男の走り!!単打を長打に変える魔法の走塁とは

こんにちはわさびです。

あなたは今までに長打を単打止まりにしたという

苦い経験はありますか。

わさびも何度も経験しています。

 

『わたし、判断力が悪くて、長打コースをいつも単打にしてしまいます。』

こんな人、沢山、いますよね。

※長打とは、単打以外の安打のこと。二塁打、三塁打、及び本塁打の総称である。

 

右中間を完全に真っ二つに破るヒットを放ったのに、

味方ベンチからは、『おーい、ランナー!いまの2塁にいけたんじゃないのーーー!!』

とヤジられ、あなたは苦笑い・・・。

”草野球あるある”です。

 

今回は、正しいベースランニングで

確実に単打をロングヒットに変える走塁を身につけていきます。

最後まで読み終えれば、

あなたは今年の二塁打王間違いなしです!

もうこうなったら、三塁打王と長打率も獲得しましょう!

 

・あなたは正しいベースランニングを知っていますか?

そしてベースランニングのコツをどれほど理解しているでしょうか?

ベースランニングの基本をしっかりとマスターすれば、

凡走を減らす事は可能です。

 

 

・ベースランニングを極めた男の二塁打王になる秘訣

うちのチームには、

毎年のように、二塁打と三塁打王に輝く選手がいます。

彼に走塁の秘訣を聞いた事があります。

その秘訣とは・・・ズバリ!

一塁ベースから二塁に向かうターンにあると言います。

そう、ターンです。

しかも、そのターンに必要な要素は、

左足だけだと言うのです。

 

そう、ベースを足で蹴りターンするだけです。

 

彼曰く、走塁で一塁を駆け抜ける際のターンに秘密があるのだと言います。

単打の駆け抜けは、左足でベースのファールグランド側手前の角を踏む。

長打を狙う時は、左足でベースのフェアーグランド側手前の角を踏む。

秘訣は、たった、これだけだというのです。

 

分かりやすく説明する為に、以下の画像をご覧ください。

・一塁駆け抜けが青い部分を左足で踏む。
・二塁へ進塁する時は赤い部分を左足で踏む。

確かに長打を狙う時は、左足で踏めば、

ベースを踏むキック力で鋭くエッジの効いたターンが可能だ!

例えは悪いかもしれないが、

水泳の折り返しでのターンキックと同じ要領という訳だ。

なるほど、これなら勢いをつけて、

鋭角なターンをする事が可能だという訳です。

 

左足でベースの角を踏む。

『これなら外に大きく膨れる事なく、最短距離で二塁ベースに到達できるぞ!』

単打に終わるパターンって、

大回りをし過ぎて身体のバランスを崩した走塁になってはいませんか?

『ああ、オレは、いままでの草野球人生において、幾度となく長打を単打にしていた事か・・・』

 

試しに

右足でベースを踏んでみると、

一瞬、左足の力が抜けてしまいます。

鋭角なターンをする事ができず、

走る距離に大きなロスが生じる事がわかる。

 

 

逆に左足でベースを踏むことで、身体を内側に倒しながら走塁する事ができます。

『ま、まったくスピードが落ちない』

そう、急ブレーキをかけることなくスピードに乗ったまま

鋭角なターンで二塁へ進める事ができるのです。

 

『オレは、これほどにまでコースロスをしていたのか・・・・。』

 

なるほど、この差はかなりデカいです。

あなたの走塁ひとつでチームのチャンスもグンと広がります。

 

草野球は普段の練習試合は固定ベースではなく、

スポンジ製の移動ベースというチームも多いです。

それでも、効果は高いです。

明日から、一塁ベースのターンを完全マスターして、

長打率を高めてください。

歩調が合わなかった時は、無理に右足に拘らなくても構いません。

そんな時は、左足で蹴れば良いです。

但し、ベースを強く蹴る意識だけは忘れずに・・・。

 

ちなみに、ベースの真ん中を踏むのだけは避けましょう。

いちばん膨らんでいる部分なので、

身体のバランスを崩しやすいです。

また、グランド状況や悪天候などにより、滑りやすい危険性もあります。

 

あなたは一塁ベースを鋭いキックターンで駆け抜けていますか?

わさび

 

-走塁論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。