仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

走塁論

【走塁論】軟式草野球 走塁スライディングを覚える!!膝、盗塁で手首の怪我をしない滑り方講座!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

【走塁論】軟式草野球 走塁スライディングを覚える!!膝、盗塁で手首の怪我をしない滑り方講座!!

あなたは走塁が得意ですか?

こんにちはわさびです。

走塁って、だた足が速ければいいってもんじゃありませんよね。

 

あなたのチームに、

走力は人並みでも盗塁を簡単に決める、

しかも綺麗なスライディングで決める、

選手っていますよね!!

 

『どうしてあんなに綺麗な走塁ができるのだろう・・・』

と惚れ惚れしてしまう選手はいるものです。

 

盗塁とは、例え走力は人並みでも、

スタートとスライディングをマスターすれば、

成功率がグンと上がるのです。

 

盗塁の成功率を高めるには、

スライディングをマスターしなければなりません。

 

それに本塁突入の際、

スライディングという武器を持っていれば、

得点する確率がグンと上がります。

 

そこで今回は、

走塁のスライディング、

特に足からのスライディングに特化したお話しです。

 

わさびのチーム内でも、

スライディングが、

『怖い!!』『やり方が分からない。』『手をついてしまう。』『膝を痛める。』

という声を耳にします。

 

正しいスライディングをマスターしないと、

盗塁などの時にリスクを伴います。

盗塁の成功率を上げる前に、

やっておかないといけないのは怪我を防ぐ事です。

 

あなたも怪我をしますし、

相手も怪我をさせてしまうかも知れません。

 

盗塁は塁を駆け抜けてしまったら、

タッチアウトとなります。

 

またスライディングをしないで塁ベースまで走塁をすると、

どうしても塁から離れないように踏ん張る事になります。

 

また本塁への走塁は、

駆け抜けるよりもスライディングをしたほうが

セーフになる確率が上がります。

 

塁への駆け抜けは、

足の怪我をする危険性があります。

走塁でおじさんランナーが

アキレス腱を痛めたという話は良く聞きますよね。

 

スライディングを覚えないと

アウトかセーフかというギリギリプレイでh、

野手との接触事故も起きかねません。

 

スライディングはあなたの走塁をアシストする目的と、

怪我を防止する自己防衛の目的と

二面性を兼ね備えているのです。

 

無事これ名馬。

正しいスライディングを覚えて、

怪我のない草野球ライフを送りたいものです。

・スライディングのコツ。

スライディングを決めるには、

走塁をトップスピードにのせる事です。

走塁スピードの勢いを借りてスライディングをします。

 

まず、スライディングするときは、

左足で踏み切って上半身を後ろに逸らせるようにして腰を落とします。

 

つぎに左足の膝を曲げながら、

右足を塁ベースに真っ直ぐに伸ばしながらスライディングをします。

 

この時、手を地面につけてしまう選手がいますがキケンです。

手首の怪我を防止するに両腕を万歳する形にします。

両腕を上にあげながらスライディングするのです。

 

続いて曲げた左足の膝についてですが、

膝を鋭角に地面に落とすのは危険です。

膝からではなく太ももで滑る意識を持ってスライディングをします。

膝から地面を滑ると膝を打撲する危険性があります。

左足のふくらはぎから太ももの辺りでスライディングをします。

座るようなイメージで滑ります。

 

極端な事を言えば背中から滑るイメージで、

スライディングをします。

これなら怪我をする事なく綺麗に滑る事ができます。

後はスライディングを開始する位置についてです。

自分に適したスライディング開始位置を知るには、

練習で覚える必要があります。

 

練習で右足を塁ベースに伸ばして到達できる、

最適な箇所を探してみて下さい。

またスライディングをするタイミングが遅くなると、

膝を強打して打撲をしてしまいます。

塁ベースから近い距離でのスライディングは危険です。

練習でしっかりとあなたに適したスライディング開始位置を覚えて下さい。

スライディングをしたら、

最後は、塁ベースに足が触れたら、

右足を曲げて塁ベースを踏みます。

その勢いで左足を膝を屈伸して立ち上がるのです。

ここまでできるようになれば一流の盗塁アーティストです。

思い切ってスタート切り、

そのままスピードを落とさずにスライディングを決めて下さい。

 

・体育館で練習をする。

グランド練習が少し怖い場合は、

体育館で万歳をしながら背中からスライディングしてみましょう。

そこから徐々に膝を曲げて太もも付近を使いスライディングをすると良いです。

自分がもっとも長く滑れるタイミングが測れて

とても良い練習になります。

体育館でのスライディング練習はおススメです。

さてスライディング講座は如何でしたか?

走塁にスライディングは必要不可欠です。

正しいスライディングをマスターしてください。

そして怪我をしない為にスライディングを覚える。

 

しかし、スライディングの練習もせずに、

見よう見まねでスライディングをすると、

怪我をしてしまいます。

 

スライディングの練習を重ねて。

チームの盗塁王を目指してください。

 

さて、あなたはスライディングが上手ですか?

わさび

-走塁論
-, , , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。