仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 どんな当たりだろうが一塁まで全力疾走をする

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【戦略論】草野球 どんな当たりだろうが一塁まで全力疾走をする

こんにちはわさびです。

あなたは試合で思いっきり打って、走っていますか?

せっかくの休日に運動目的で野球をやるのです。

わさびと一緒に1gでも体重減らしましょうよ。

 

さて今回は、どんな当たりだろうが一塁まで全力疾走するをお送りします。

まあ、当たり前のことですよね。

全力疾走

その当たり前が、できていない選手が多いのです。

わさびは、こんな時、口酸っぱく言います。

『なんで、走らないんだよ!』

『走っていれば、セーフだったぜ!』

 

わさびは手抜きプレーが大嫌いなのです。

一生懸命にプレーした上でのエラー、失策は全然、OKです。

でも、未然に防げた凡プレーはNGです。

 

打った打球はボテボテのサードゴロ。

確かにサードの選手に捕球された瞬間、

確実にアウト確定でしょう。

 

でも、ここは草野球です。

プロではありません。

審判のコールがあるまでは、何が起こるかわからないのです。

 

どんな草野球の名プレイヤーだって、

野球をやるのは多くてせいぜい週に1回です。

もしかしたら半年振りのプレイヤーが、

ポジションについているかも知れません。

ファースト選手はチームイチの下手クソかもしれませんよ?

 

今回、この記事を書くにあたり、

今年のうちのスコアを振り返ってみました。

 

あ・ありました。

記録にならない記録が・・・。

記録上はなんでもないアウト。

その明記した横にわさびは、

まともに走ればセーフだったものは、

見えない記録としてスコアにつけています。

凡ミス、2つもありました。

 

ご紹介します。

1.セカンドフライ落球もまったく走っておらずアウト。

記録はセカンドゴロ

 

2.サードゴロ失策、さらに送球が逸れ気味になるも、

軽く走り続けていた為、余裕でアウト。記録はサードゴロ

ハッキリ言って、もったいないです!

 

どんな当たりだろうが一塁まで全力疾走する

これは、基本中の基本です。

 

この2つの凡ミス以外に、

わさびの記憶の範囲内でも、全力で走ればセーフだろう、

際どいプレーがいくつかありました。

 

『今更、走っても、遅えっ、つーの』

エラーしてから全力で走るくらいなら、最初から走っとけ!と言いたい。

と言うか、言います。

 

全力でプレーをしないと思わず怪我にも繋がりますし、

なんてったって、余計なアウトを献上するなどサラサラないのです。

 

内安打になりそうな打球だけを全力疾走するのではなく、

内野手の正面をつくゴロだろうが、

フライの落下点に入っていようが、

全力で走るのです。

草野球選手は時にはエラーもします。

 

この前、対戦したチームさんは、

1試合で7つもやりました。

こんな時は、皆、マジメ走るですよ。

ワンクラス上のチームの対戦だろうが、

野球で全力疾走は絶対条件なのです。

・全力疾走はエラーは誘発する

もしもあなたがサードの守備につき、

バッターボックスにヤクルトの山田哲人選手立ったとしたならば・・・

どうします?

怖い~ですよね。

あなただけでなく、

全員のプレーヤが山田選手の足を相当、警戒します。

 

ここでギリギリのタイミングで、

アウトかセーフかという、ボテボテのゴロがきたら、

『やべえ、間に合うかな・・・』となりませんか。

 

一瞬、凍り付き、緊張すると思いませんか?

美しい全力疾走は、エラーを誘発するのです。

 

せっかくのチャンスを失わないためにも、

全力疾走、心掛けて下さい。

 

小さな積み重ねが、やがてチームを大きく成長させます。

 

あなた一塁まで全力疾走していますか?

わさび

 

 

 

 

-戦略論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。