仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】軟式草野球 盗塁するする詐欺で得点を奪うトリックプレイ!!やってみたくなるチームプレイ!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

【戦略論】軟式草野球 盗塁するする詐欺で得点を奪うトリックプレイ!!やってみたくなるチームプレイ!!

こんにちはわさびです。

 

四球を選んだ時も、ボールインプレイ中です!

四球を選んだ球を捕手が後逸したら、

三塁ランナーは生還しても良い訳です。

 

仮に捕手のミットに収まったボール球で四球を選んだとしても、

ボールインプレイ中なのです。

 

しかし、意外とテキトーにあしらわれるのが四球です。

数あるトリックプレイの中でも、

軟式草野球だからこそできるものもあります。

 

今回、ご紹介するトリックプレイは2つあります。

まずは四球を選んだ際のトリックプレイです。

 

・ランナー三塁で四球を選んだ時のトリックプレイ

実際に高校野球で果敢に仕掛けて、

得点を挙げることに成功したトリックプレイのご紹介です。

 

トリックプレイとは、

過信から生まれる人間心理の突いた盲点。

巧みなテクニックと言えるのではないでしょうか?

 

四球を選びました。

バッターはバッティンググローブを外しながら、

ゆっくりと一塁へ走り出します。

 

これは普通の光景ですが、

トリックプレイとはこんな時に起こります。

 

『まさか!』

隙を突くからトリックプレイなのです。

 

塁間の狭いソフトボールでは、

プレイ中は常に次の塁を狙うのは鉄則です。

 

送球の隙をついた間に、

ランナーがスタートを切るのです。

これはソフトボールに限った事ではありません。

 

軟式草野球は何が起こるかわかりません。

次の塁を狙うか狙わないかでは、

チーム得点力が大きく変わってきます。

 

ソフトボールで次の塁を狙うのは、

野球よりも塁間が狭いからです。

 

しかし軟式草野球も、

塁間が狭く感じることがあります。

 

これは、軟式草野球はチームの実力や、

選手のスペックにバラつきがあるからです。

 

試合で対戦するチームによっては、

塁間は広く感じることも、

狭く感じることもあるのです。

 

そこで三塁ランナーが俊足であれば、

一度、試してみたくなるのが、

四球を選んだ時のトリックプレイです。

 

『ボールフォアー』

バッターが四球を選びました。

普通ならばランナーは三塁一塁となります。

ベンチの監督からサインが出ます。

四球を選び、バッターランナーは一塁へ向かいます。

が、しかし

バッターランナーは、

一塁ベースを踏んだトタン、

猛ダッシュで二塁目がけて走塁します。

 

敵陣の投手は慌てて二塁へ送球します。

投手の送球を見て、

三塁ランナーはホーム目がけて疾走するのみです。

 

一瞬の隙を突き次の塁を狙うプレイから生まれたチームプレイ。

軟式草野球でどうしても一点が欲しい場面で、

仕掛けてみるのも手ではないか。

 

敵チームの守備力、自軍の走力などを加味すれば、

監督の仕掛け処のチャンスがあると思います。

 

 

他に似たようなトリックプレイはないだろうか?

今度はランナー三塁、一塁の場面で、

一塁ランナーに仕掛けさせるトリックプレイを考えてみます。

 

軟式草野球は、

時に盗塁し放題のバッテリーもいます。

こんなバッテリーだと盗塁しても二塁に送球してきません。

二塁はただ貰いですよね。

これは三塁ランナーをホームに生還させるくらいならば、

一塁ランナーの盗塁をさせて、

三塁、二塁にする選択をするからです。

 

しかし、盗塁を刺せる自信があるバッテリーであれば、

三塁、一塁の場面で、

トリックプレイを完成させることできるのではないか?

 

相手バッテリーからすれば、

一塁ランナーは盗塁をしてくると想定しています。

 

一塁ランナーが盗塁でスタートを切れば、

盗塁を刺しに来る敵陣バッテリーは、

必ず二塁を刺しくるはずです。

 

こんな巧みなバッテリーでは、

一塁ランナーが二塁で盗塁を阻止されてアウトになります。

二塁手から捕手に送球が送られゲッツーも充分考えられます。

 

こんな強気な姿勢のバッテリーであれば、

仕掛けてみたいのが、

盗塁するする詐欺です。

一塁ランナーが盗塁をすると見せかけて、

大きめのリードを取る作戦です。

大きめのリードであれば、

必ず投手がけん制球を入れてくるはずです。

 

けん制球が来たら一塁ランナーは一塁に帰塁します。

 

一塁にけん制がくる。

一塁手が投手に返球をする。

この一瞬のタイミングで、

一塁ランナーが二塁へ盗塁するのです。

そして、三塁ランナーがスタートを切る。

 

投手が慌てて二塁に送球すれば、

三塁ランナーはホームスチールを

決められるのではないでしょうか?

 

盗塁するする詐欺で得点を奪う!

これも人間心理の隙間を突いた、

トリックプレイではないでしょうか。

 

野球は心理戦です。

相手の裏の裏をかくスポーツです。

 

走塁は一瞬の隙にスタートを切る勇気さえあれば

成功率はグンと高まります。

 

ツーアウト三塁、一塁で次の打者が期待できない時、

盗塁するする詐欺は使える作戦ですよ。

 

トリックプレイは敵陣が慌ててくれれば、

楽々得点を奪う事ができます。

 

高レベルな軟式草野球の試合では、

トリックプレイの成功率は低いですが、

楽しく野球をやるレベルであれば、

相手守備のどこかに穴があるので、

トリックプレイの成功率はグンと上がります。

 

また、緊張感がなく緩みっぱなしの試合では、

もっと楽にトリックプレイを成功させる事ができます。

 

しかし、トリックプレイは、

ランナー二人の呼吸が大切です。

これは立派なチームプレイです。

 

日頃、練習しておけば、

いつかのチャンスに成功させることができます。

 

ランナーに必要な条件は、

俊足とスタートを切るセンスです。

 

俊足揃いのチームであれば、

どこからでもこの戦略が打てます。

 

試合の勝ち負けでなく作戦を成功させるという

野球をやるのも草野球ならではです。

こんな遊びも意外に面白いものですよ。

 

 

ボールインプレイ中は、

よそ見してなどしていてはいけませんね!

 

ところであなたはトリックプレイをやった事がありますか?

 

わさび

-戦略論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。