仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】ランナー1塁でバッターに100%ライト前ヒットを打たせる作戦!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

【戦略論】ランナー1塁でバッターに100%ライト前ヒットを打たせる作戦!!

こんにちはわさびです。

 

あなたのチームに右打ちの名手はいませんか?

ランナー1塁におき右打ちが得意な選手が登場したら、

一二塁間を抜くヒットを100%打たせる作戦があります。

 

草野球は心理戦です。

相手の裏の裏をかく作戦です。

頭を使うスポーツで腹と腹の探りです。

 

投げさせたい球種で勝負する。

やる事はひとつ、打者が打ちたい球種を投げさせるのです。

そして、狙い球はひとつです。

 

ランナー1塁となりました。

通常、相手チームは盗塁を警戒する場面です。

 

ランナーが塁に張り付け状態だと

盗塁への警戒心は薄くなります。

 

草野球の場合、結構、盗塁ができない選手は

リードを取らない事が多いです。

 

まずは監督が1塁走者にサインを出します。

”大きくリードを取るサイン”

そう、大きくリードを取るサインです。

 

盗塁をする素振りだけのサインを出します。

盗塁をする素振りだけのサイン

実際には1塁走者には盗塁はさせません。

1塁ランナーには大きくリードを取り盗塁するぞ!とアピールだけしてもらいます。

 

打席に立つ前に、

『塁に出たら大きくリードを取り盗塁はするな』

と作戦を告げておけばさらにGOODです。

 

ランナーが大きなリードを取れば、

当然、相手バッテリーは完全に盗塁を警戒してきます。

 

塁に出るなり、

『盗塁するぞ!』

『盗塁するぞ!』とアピールすれば、

相手チームは、ランナーが気になります。

 

『コイツ、走る気満々だな・・・』

相手バッテリーの心理を思考してみると・・・。

捕手は走者をランナーを刺す気満々です。

投手はけん制球を入れる構えです。

 

この心理状況も相手のしぐさをみれば一発です。

これでバッターもランナーも作戦に自信を深めて下さい。

 

たまに、どうぞ、走って下さい。という、

警戒心ゼロの初心者チームがいます。

ここが見極めの材料となります。

 

相手バッテリーが鈍感な場合は、

ベンチからあえて、『よし、ランナー走れるぞ、やれ!』

と言っても良いでしょう。

 

仕込みが完了したら作戦開始です。

相手チームはバッターが強振してくると思っていません。

盗塁で頭が一杯。

 

1塁走者が大きくリードを取れば、

相手の1塁手はベースに張り付きます。

 

1-2塁間の守備間が極端にあきます。

そう、1-2塁間の守備間が極端に空くのです。

  

盗塁を警戒した相手バッテリーは、

盗塁してくるまでほとんどの確率でストレート高めを投げてきます。

 

ストレート一本に的を絞る。

野球は確率のゲームです。

余程のハイボールでければバットコントロールができるはずです。

ここで変化球がくる確率は極端に低いです。

 

変化球より直球のほうがセカンドの送球が容易だからです。

 

あとは、バッターにお任せです。

 

 

バッターが1-2塁間狙いです。

球を上を振り遅れ気味に強振すればヒットになります。

 

 

草野球はプロ野球と違い選手の守備範囲が狭いです。

1-2塁間に極端なシフトを引かせれば、

1-2塁間のゴロに追いつく事はカンタンではありません。

 

ガラ空きの1-2塁間を狙い撃ち。

仮にミスショットでボテボテの内野ゴロとなったとしても、

エンドランがかかっているので最悪でも塁を進める事ができます。

相手守備が慌てればオールセーフも充分ありえます。

 

野球は心理戦です。

想定外の作戦で来られると普段通りのプレイができないのです。

 

わさびは右打ちの名手が好きです。

うちのチームにソフトバンクの内川聖一のような器用な選手がいたら、

こんなに頼もしい存在はいません。

 

監督の起用に100%答えてくれる絶対的な信頼のある選手が欲しいものです。

 

野球は確率のゲームです。

チームメイトの特徴を把握する事はチームを勝利に導くヒントとなります。

A選手は引っ張りが多い、B選手は速い球に強いと、

チームメイトの特色を頭に叩き込んでおくことも監督の役目です。

 

あらゆる行く末を想定しながら、

一手先、二手先を見越してゲームを見つめるのが指揮官の役目です。

 

用意周到に隅々まで行き届いた準備をすれば、

いざと言う時、打てる策が広がるのです。

 

 

足の遅い走者にも大きくリードを取らせる事だけは、

チームで徹底したほうが良いです。

 

守備位置ひとつでヒットゾーンはひろがるのです。

あなたは相手の心理を考えた野球をやっていますか?

わさび

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。