仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 打線が沈黙した時、なぜゴロを転がせと言うのか?その理由を教えます!! 少年野球に多く見られる攻撃の有効活用法

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

【戦略論】草野球 打線が沈黙した時、なぜゴロを転がせと言うのかその理由を教えます!! 少年野球に多く見られる攻撃の有効活用法

こんにちはわさびです。

『ゴロ転がして行けー』

『何かあんぞー』

 

このまま打線が沈黙していては、

試合に負けてしまいそうです。

そんな時、何かキッカケが欲しいのが野球というものです。

 

円陣を組んで喝!を入れるのも選択肢のひとつです。

器用なバッターがいれば、

バントで野手を揺さぶるのも手です。

 

相手のチームの守備は、

正直、そんなに堅くない。

それなのにランナーを塁に出せない。

 

いい当たりはことごとく外野手の正面を突いてしまう。

こんな状況って、野球あるあるじゃないですか!

 

では、なぜ、こんな状況が続くのか?

そして、現状を打破する策はあるのか?

そのヒントは野球は確率のゲームだという所にあります。

ライナー性の当たりやフライで長打を狙わずに、

ゴロを転がす作戦に切り替えるのです。

ゴロを転がす作戦にはいくつかの理由があります。

 

その最大の理由が、

野手がゴロ捕球をする。

そして送球をする。

その先の野手が捕球をする。

とゴロには3つの動作が入ります。

そう、3つの動作が入るという事実です。

 

 

しかし、フライを打ち上げたらどうですか?

捕球のみですよね。

ライナーの場合はどうですか?

フライもライナーも動作は捕球するだけなのです。

 

さらに4-6-3のダブルプレーともなれば、

セカンドが捕球をする。

セカンドがショートに送球をする。

ショートが捕球をする。

ショートがファーストに送球をする。

ファーストが捕球する。

と動作は5つとなります。

 

 

極端な話、7回戦の試合を行い、

全ての打者がフライを打ち上げたら、

打者21人に1動作ずつとなり21個のアウトに対し21動作です。

 

しかし全ての打者がゴロを打てば、

打者21人に3動作ずつとなり21個のアウトに対し63動作となるのです。

21個の動作より63個も動作が加われば、

当然、ミスを生じる確率が高まるのです。

この3倍の開きはかなりデカいです。

 

草野球は、当たり前ですが”草”野球です。

ガチ草野球の方を除き、多くは、野球は趣味、遊びというのが前提です。

ましてや、野球というスポーツは、フライの失策よりも

ゴロ失策のほうが圧倒的に多いです。

 

ゴロひとつ捌き、アウトを釣るには、

選手間の呼吸、練習量、スペックなど、

全ての条件が重なりやっとアウトが捕れるのです。

草野球で3つの動作を全て成功させる難しさは明白です。

 

ゴロを打ち3つの動作が入れば、

嫌でもやらかす確率が高まるという訳です。

このように打線のテコ入れには、

徹底したゴロ打ち狙いに切り替えるのは作戦のひとつなのです。

 

積極的にゴロ打ちをさせるという点では、

少年野球が思い浮かびます。

しかし、わさびはその少年野球に思う事があります。

 

それは、少年野球はゴロばかりだという点です。

監督やお父さんコーチの、

『ゴロ転がして行けー』という指導です。

実はあまり好きではありません。

 

それと言うのも、

ゴロ狙いとなると必然的に

『ボールを上から叩け!』となるからです。

これでは小さなうちから、

自然とダウンスイングを植え付けられてしまいます。

 

少年野球の場合、ドアスイングをする選手が多いので、

スイングを改善するという意味では、

ダウンスイングを取り入れる事もありだとは思います。

 

しかし将来的に、

イザ中学生となった時に、

ダウンスイングでは確実にヒットする確率が下がります。

中学生となり打席に入ってもまるで打球が上がらない。

自分はどうしてボテボテの内野ゴロしか打てないのだろうと悩んでしまう子も少なくありません。

 

特に小学生の少年野球では、

試合に勝つために、

ある意味仕方がない事ではあるのですが、

将来を取るのか、現実を取るのか・・・

考えさせられます。

 

そんなダウンスイングには、

メリットもありますがデメリットもあります。

 

まず、メリットとしては、

最短距離からバットが出るのでミートしやすいという点です。

上から叩くイメージでスイングをするので、

ゴロは転がりやすいです。

 

そして言うまでもなくバットを下から出すと打球は上に上がります。

上から下に出せば、打球は転がります。

 

守備面を考えると、

何かが起こりやすい確率の高い少年野球では、

ダウンスイングの指導が消える事はなさそうです。

 

たまにかなり極端なダウンスイングをしている少年を見かけますが、

その度に、その子の将来がとても不安になります。

 

一方、ダウンスイングにはメリットもありますが、

デメリットを考えてみると、

ミートポイントが点になるという事です。

ミートポイントが点になる。

 

具体的に言うと、

ダウンスイングは飛んでくる球にの軌道対して、

バット斬るようにスイングするので接点が少なくなります。

逆にレベルスイングだと、

飛んでくる球の軌道とバットの軌道が同じになるというメリットがあります。

水平にバットを振るレベルスイングだと

ミートポイントできるポイントが大きいのです。

つまりは、

ダウンスイングは球を点で捕える。

レベルスイングだと球を線で捕える事ができるのです。

 

球を線で捕える事で球に押し込む力が加わります。

ダウンスイングよりも、もっと遠くへ飛ばせるという訳です。

 

球を線で捕える事ができるレベルスイングと

同様にアッパースイングも線で捕える事ができます。

当然、線で捕えたほうがヒットの確率は上がるのです。

 

 

話は少々、脱線しましたが、

打線が沈黙した時には、

ゴロを転がすという作戦は、

とても理にかなった戦略なのです。

 

ダウンスイング、レベルスイング、アッパースイングと

上手に使い分ける。

 

いま、ゴロを打つ場面なのか、

或いは長打が必要なのか?

打ち分け可能なバッターになりたいですね。

 

ところで、

あなたは、ここぞという場面で、

確実にゴロを打つ自信はありますか?

 

わさび

 

 

 

-戦略論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。