仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 ツーアウトランナー三塁!その時、打者が選択したのはセイフティーバンドだった‼

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

【戦略論】草野球 ツーアウトランナー三塁!その時、打者が選択したのはセイフティースクイズだった

 

こんにちはわさびです。

 

ある夏の事です。

わさびはラジオで高校野球を聴いていました。

そこで絶妙な作戦が敢行されたのです。

ツーアウトランナー3塁

それは、ツーアウトランナー3塁の場面でした。

 

通常は、打者にヒットを期待する場面ですね。

しかし意外にも打者が選択したのは、

セイフティースクイズだったのです。

ツーアウト3塁で、バント?

 

そして見事、秘策は成功します。

まんまと作戦通りに待望の1点入れたのです。

 

アナウンサーが、

『これがツーアウトランナー三塁の怖さです。』と解説していました。

 

バッターは右方向のセカンドの守備範囲に、

プッシュ気味にバントで球を転がしたのです。

こんな作戦で1点をもぎとるという攻撃があるのですね。

野球は本当に奥が深いスポーツです。

 

試合の流れは攻撃側が完全に押せ押せムードでした。

誰もがヒッティングで来ると見せかけた意表を突くセイフティースクイズのバンドでした。

 

この意外性のある作戦に相手チームは完全にノーマークでした。

バントした打球がセカンドのグローブに収まった時は、

すでに一塁はアウトかセーフかギリギリのタイミングでした。

 

二塁手はホームに送球します。

が、しかし、

ホームもファーストもオールセーフとなりました。

 

この作戦・・・。

走者と打者が共に俊足であれば、成功の確率は高い作戦ですよね。

 

草野球となれば尚の事、効果的な作戦かも知れません。

 

なぜ、セカンドにセイフティースクイズをしたのか?

実際に映像を見ていないので不明ですが、

もしかしたらセカンドの守備が深かったのかも知れません。

 

なので、あえてセカンドに転がしたのかな?

作戦の本当の意図は分かりません。

 

しかし、他にもサードに打球を取らせ為、

サード線に転がすプッシュバンドもあります。

これはケースバイケースとなります。

 

三塁手がおじさんだったら迷わずサード線ですよね。

 

セイフティーに対する警戒心がなければ、

打球を誰に取らせか決まります。

 

草野球の場合、投手に取らせる選択肢もあります。

たまに、マウンド慣れしていないピッチャーいますからね。

 

ツーアウトは三塁ランナーは間違いなくスタートを切るのです。

隙のある守備位置に転がせばセーフになるのではないでしょうか。

 

俊足バッターであれば、

是非、ツーアウト3塁でセイフティースクイズでバントを決める。

 

とても面白い作戦ですね。

 

ところであなたは、

何か意表を突く作戦をやった事がありますか?

わさび

-戦略論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。