仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 初球打ちを極める!狙い球を絞り確実にヒットを打つ方法!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【戦略論】草野球 初球打ちを極める!狙い球を絞り確実にヒットを打つ方法

数字を残せるバッターとは、

実は積極的に初球からバンバン振っていく選手が多いです。

またその反対に初球からバットを振れない人もいます。

 

こんにちはわさびです。

今回は、

初球打ちを極める!狙い球を絞り確実にヒットを打つ方法

を考えてみたいと思います。

 

まず、草野球で初球にくる球で、

一番多いコースってどこだか分かりますか?

 

打席に入る前に最初から初球のコースが、

分かっていれば打ちやすいに決まっていますよね。

 

バッティングセンターだと、

初めから球が飛んでくるコーズが分かっているから

ポンポンと打ち返るじゃないですか!

であれば、試合でも、

コースが分かっていれば、

初球の対応力がグンと違ってくるのではないでしょうか?

 

球が来るコース、高さ、そして球種までも把握できていれば・・・

ジャストミートできる確率は、通常に倍になると思います。

 

いままでの2倍もヒットが打てるという事は、

机に計算上では・・・

んん、打率.250のバッターが

.500になるのか!?

そりゃ、そんな凄い秘訣があるのであれば知りたいですよね。

という事で、ここから、

いよいよ本題に入りたいと思います。

 

 

野球は頭を使うスポーツです。

相手よりも頭を回転させただけ

勝ちに近づけるスポーツなのです。

・初球に山を張る技術。

まあ、初球に山を張る技術と書きましたが、

そんな大げさな事でなく、要するに確率の問題なのです。

 

初球から打ち損じしたくないのか、

そもそもメンタル面で初球から手が出ないのか、

ファーストストライクを見逃す打者は多いです。

 

さらにチームに広げて考えてみると、

勝てないチームは初球を見逃す選手が揃っています。

説教性に欠けるチームは打てないという傾向にあります。

 

草野球選手の多くは、ピッチャーの配球を読んで

打席に立つものはかなり少ないです。

 

ほとんどの選手がストライクが来たらスイングするといった、

反応だけに頼る打者が圧倒的に多いのです。

このように多くの打者は、

自分の感性だけを頼りにスイングしています。

 

一方、ピッチャー心理を考えてみると、

まずはファーストストライクが欲しいと思っています。

早い段階でカウントを整えて有利にして、

勝負したいと考えるものです。

 

一方、バッター心理としては、

ファーストストライクを見逃すの選手が多いです。

甘いド真ん中でも平然とファーストストライクを見逃す選手は意外と多いのです。

 

ピッチャーはその心理を逆手にとらえ、

バッターが最も苦手とするコースに放ってあげれば良いのです。

打者が苦手とするコース。

それは、ズバリ低めの外角球です。

そう、外角低めです。

ピッチャーが投げる球で、

外角低めは最も威力があります。

バッターがアウトコース低めを見逃す心理は、

最も打ち損じが多いコースだからなのです。

 

そして球種を読む方法ですが、

変化球待ちにするか、

それともストレートに山を張るのかという問題もあります。

・球種を読み切る技術。

まずは、相手バッテリーが、

チームメイトに対しての配球がどうなのか?

しっかりと見る事をおススメします。

草野球は捕手が一流とは限りません。

 

そして草野球チームの大半は捕手不足に悩んでいるチームが多いです。

 

選手不足から、当日、いちばんキャッチャーに相応しい選手が座っている事もあります。

こんな場合、マスクを被るのが精一杯で、

配球どころではありません。

単調なリードの場合があります。

 

こんな状況下ですと、

打者が狙うは外角のカーブとなるのです。

 

また変化球でストライクが取れない投手の場合は、

その初球のほとんどがストレートとなります。

打者が狙うは外角のストレートとなるのです。

 

そして投手のコンディションによっても

配球が読める事があります。

 

変化球が決まらない場合は、

初球でカーブを投げてくることは、

まずあり得ません。

ストライク欲しさからストレートの確率が高まります。

ともなると、

打者が狙うは外角低めのストレートとなるのです。

 

 

こうして打者はあえてアウトコース低めに、

山を張ってみてはどうだろうか。

 

草野球は言うまでもなく投手と打者が初対戦となるケースが多いです。

相手は自分を知らない。

自分も相手のデーターは何もないのです。

野球は確率のスポーツです。

ともなると、

確率的にファーストストライクは、

外角低めを投げてくるのではないか。

 

確率的に言って、

かなりの確率で外角低めがくるのではないでしょうか。

・ヒット確率が上がるのはコントロールが良いピッチャー。

コントロールの良い投手なら、さらにヒットできる確率が増します。

相手ピッチャーがコントロールが良いタイプの時、

監督さんから『初球から思い切って振っていこう!』

という指示がでる事があります。

 

しかし、なぜ、コントロールが良い投手の場合、

早いカウントから打ちにいったほうが良いのか。

それ相当の理由を理解していないで、

ただ振り回しているから打てず終いでゲームセットとなるのです。

 

本当はコントロールが良い投手であれば、

実に配球は読みやすいのです。

初球の球を狙っていく側からすると、

球が十中八九来て欲しいコースにくるのです。

 

配球の読み方はまた別の機会にするとして、

今回のテーマ、

初球に山を張って狙い球を絞り確実にヒットを量産させるのも戦略のひとつなのです。

 

初球で狙う球は、

ズバリ外角低めのファーストストライクなのです。

 

あなたは狙い球を絞った打撃をしたことはありますか?

わさび

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。