仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】軟式草野球 カウント別バッティング ツーストライクノーボールの打率は'150⁉投手心理から配球を読む!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【戦略論】軟式草野球 カウント別バッティング ツーストライクノーボールの打率は'150投手心理から配球を読む!!

あなたはカウント別の確率を知っていますか?

カウント別に平均打率は大きく変化します。

 

例えば、ツーストライクノーボールからの打率や、

ノーストライクスリーボールから、

ストライクがくる確率は何%あるのか・・・。

これらを潜在意識の中に入れているのと、

入れていないのでは、

結果を大きく左右します。

 

勝負事はカケヒキです。

ただでさえ、打者が3割、

投手が7割の確率で勝利する世界なのです。

 

こんにちはわさびです。

 

・カウント別打率

実は、ツーストライクノーボールからの平均打率は、

わずか’150という統計が出ています。

 

そして、ファーストストライクの打率は、

なんと、’450なのです。

監督が『初球から振っていけ!!』というのは、

理にかなっているのです。

カウントは全てで12通りになります。

 

 

『ワンストライク!!』

打率’450のファーストストライクを見逃してしまうと、

ワンストライクノーボールからの打率は、

グンと下がり’280となってしまいます。

 

 

『ツーストライク!!』

ツーストライクノーボールに追い込まれてしまうと、

その打率は、わずか’150まで下がってしまうのです。

打者はカウントが追い込まれる前に、

勝負にいったほうが良いは明白です。

 

 

逆に、投手からすれば、早くカウントを追い込みたいのです。

野球は心理戦です。

1球、1球で局面が変わるのです。

 

カウント別の打率を念頭に入れた上で、

自分の技術を絡めて攻撃に活かすべきなのです。

 

打率の高いファーストストライクの次に、

打者が有利になるカウントもあります。

 

バッティングチャンスなのが、

ノーストライクワンボール

ノーストライクツーボール

ノーストライクスリーボールです。

 

互角に戦えるカウントは、

ワンストライクワンボール

ツーストライクスリーボールなのです。

 

また、ワンストライクツーボールや

ワンストライクスリーーボールも

打者が有利なカウントなのです。

 

このように有利、不利を知っているだけでも、

投手の心理状態を知る手がかりとなるのです。

 

 

・カウント別ストライクを取りにくる確率。

次は、カウント別に、

バッテリーがストライクを取りにくる確率についてです。

 

ツーストライクノーボールの場面だと、

『バッテリーが1球ボール球で外すかも・・・』

と打者の脳裏をよぎります。

例えば、ノーストライクワンボールから、

バッテリーがストライクを取りにくる確率は、

約半分の50%です。

 

それが、ノーストライクツーボールであれば約80%。

さらに、ノーストライクスリーボールだと、

ストライクを取りにくる確率は100%となのです。

 

あなたが余程の強打者でもなければ、、

ストライクを取りくるのです。

これは、ランナーポジションや、

イニング、スコアによって、

多少の前後はあるにせよ、

これらを打撃の参考にしてみると良いのでしょう。

 

野球は確率のゲームです。

これを知っているか知らないかでは

あなたの打撃結果を大きく左右するのです。

 

カウント別のストライクがくる確率を

インプットしておくことで、

打席で山を張ることもできるのです。

 

 

打者は三振するカウントだと、

消極的なバッティングになります。

バットにボールを当てようという意識が強く働き、

無意識なうちにスイングが鈍くなるものです。

逆にバッター有利なカウントであれば、

三振する事はないので積極的な気持ちになれます。

結果、思い切ったバッティングができるのです。

どちらがヒットできる確率が高いのか一目瞭然ですね。

 

初球のストライクから

ヒッティングできる選手は、

打率が残せるバッターと言えます。

 

初球の見極めが大事。

打てる球はヒットする。

ボール球は見逃す。

 

簡単にカウントを整えられるバッターは、

とにかく何でも振ってきます。

 

初球から高低差30cmあるクソボールを

空振りしてくれると、投手にとっては、お客さんです。

鴨が葱を背負って来るようなものです。

 

だから、野球では選球眼が大切なのです。

 

常にバッター有利なカウントで

勝負できる打者は選球眼も一流なのです。

 

以上、まとめてみると・・・

とにかくファーストストライクが大事である。

甘い球を見逃さない!!

カウント別ストライクを取りにくる確率と、

カウント別打率の正体は、

実は人間心理からくるものである。

これらを頭に入れて、

攻撃に活かして欲しいと思います。

 

わさびは打者有利カウントでは、

全て真ん中のストレートに山を張ります。

 

追い込まれるまでは、打者有利なのです。

あなたはカウントを追い込まれもて打てる自信はありますか?

わさび

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。