仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 内野ゴロは全てゴロゴーで得点を奪え!!3、2塁はゴロゴーが基本!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【戦略論】草野球 内野ゴロは全てゴロゴーで得点を奪え!!3、2塁はゴロゴーが基本!?

こんにちはわさびです。

 

緊迫したゲームはワンアウト満塁。

ランナー3,2塁の大チャンス。

こんな場面を迎えた時、

あなたはベンチからどんな指示を出しますか?

スクイズ、ヒットエンドランと

たくさんの作戦が浮かびますよね。

 

しかし、意外にベンチからのサイン指示が細部まで行き届いていない事が多いのです。

たったひとつサインのみが多いのです。

 

例えば、こんなゲーム展開では・・・。

ワンアウト満塁。ランナー3,2塁の大チャンス。

ベンチの指示は、打て!

結果、打者は内野ゴロに打ち取られホームアウト。

素早く一塁に送球されwプレーでスリーアウトチェンジ無得点。。。

『あー、あーっ』

こんな最悪な場面、よくありますよね。

 

毎回、うちのチームはどうしてこのような同じ結果を招くのか?

それは、

ベンチからのサインに、あとひとつ足りないからなのです。

内野ゴロになったケースは

ゴロゴーなのか、待てなのか?

ランナーに指示が出ていなかったからなのです。

 

ランナーの全てが判断力に優れたプレイヤーとは限りません。

中には野球の走塁をまったく理解していない選手もいます。

 

・ベンチからサイン指示があるだけチームの攻撃力は飛躍的に上がります。

そして全ての選手がひとつの方向に向けます。

 

先程の場面を時間を巻き戻してみると・・・

ワンアウト満塁。ランナー3,2塁の大チャンス。

ベンチの指示は、打て!

そして、内野にゴロが転がった場合は全てゴロゴー‼

外野フライはタッチアップせよ!

など細かい指示が出されています。

どうしても1点が欲しいチームは一眼となります。

 

結果、打者は内野ゴロに打ち取られます。

送球はホームへ。

しかし3塁ランナーの好判断力に高速スタートが切られ生還。

続いてキャッチャーから一塁に送球されるもオールセーフ。

尚も、ワンアウト3、1塁のチャンスは続く・・・。

となるのです。

 

・内野ゴロで一斉にランナーがスタートを切る。

バックホームは他の塁と違い、タッチプレーになります。

なのでどうしても暴投やエラーが多発します。

ならば、思い切って、ゴロゴーの指示を出すのは作戦のひとつではないか?

 

予めベンチかた選手にゴロゴーの指示が出ていれば、

プレイヤーは安心して動けます。

 

そしてうまくいけば、内野ゴロで得点が奪えます。

最悪でもホームタッチアウトだけで済みますので、

ホームアウトでもゲッツーはないし、3、1塁にランナーは残ります。

盗塁すれば再び3,2塁に戻せる訳です。

 

指示なしで、みすみす内野ゴロに打ち取られ、

ランナーはまったく動かずに、

アウトカウントをひとつ増やすくらいなら、

ゴロゴーを試してみてはいかがでしょうか。

とても仕掛けがいのある作戦です。

 

あなたのチームはどんな戦略的な作戦を仕掛けていますか?

 

わさび

 

 

 

 

 

 

 

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。