仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 ヘタなチームほど無駄な送球は絶対するな!悪送球を無くしチームを勝利に近づけるコツ

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【戦略論】草野球 ヘタなチームほど無駄な送球は絶対するな!悪送球を無くしチームを勝利に近づけるコツ

こんにちはわさびです。

場面は、ワンアウト1塁。

ここで味方の投手が、ファーストへけん制を投げました。

送球は逸れ、フェンスに直撃、

ランナーは一気に3塁を落し入れる勢いで走塁します。

一塁手は跳ね返ってきたボールを処理し、

とても間に合わないサードへ送球。

またも送球が逸れて、ボールは転々とし、

走った1塁ランナーは一気にホームに生還。

『あちゃー、』

草野球によくありがちな場面です。

 

 

・弱小チームほど無駄なプレーが多い

もしもあなたのチームがまだ

キャッチボールもまともにできない未熟なチームだとしたら、

今日から無駄な送球を止める

これだけで勝てる試合に近づけます。

 

複数のランナーがいる時に、無駄な送球をやってしまうと

大量失点に繋がります。

 

ランナーの行くほう、行くほうに送球して、

2次被害、3次被害を出すケース。

弱小チームにありがちな無駄な送球です。

 

送球ミスで敵チームにビックイニングを与えていないか?

今一度、自分のチームを振り返ってみましょう。

 

投げれば投げるほどエラーを誘発するチームならば、

できるだけ無駄な送球をしないように徹底する。

負けたターニングポイントは、実は無駄な送球というのが非常に多いです。

 

・無駄なプレー阻止の為、内外野にひとりずつ司令塔を配置する。

 

 

無駄な送球を阻止するには、

内外野にひとりずつ司令塔を置く事です。

※全体の司令塔はキャッチャーに任せます。

※司令塔の配置例

 

わさびのチームでは、試合の時、

必ず、内外野に各1人、司令塔を決めます。

インプレー中に指示はその選手に全任するのです。

 

適任者は、当然野球をよく理解している選手が良いですが、

いちばんはチームメイトからの信頼の厚い人が相応しいです。

いきなり新人にやらせたら拷問近いですし、

チーム内の人望が薄いひとは適していません。

トラブルの元です。

 

監督が『コイツの指示でミスしたら仕方がない!たぶん他の誰でもミスしただろう』

とこのくらいの思いで司令塔を任せると良いでしょう。

 

司令塔が定まっていないチームですと、

いざプレーが始まると、

誰からも声も指示も出ないという事はよく起こります。

 

『おーい、誰か指示だしてあげなきゃー』

『〇〇!!ちゃんと指示出してあげろよ!それじゃーわからないだろうーが』

とこんな声がベンチや選手からあがりませんか?

 

ハッキリ言って、

監督さんが一貫したチーム方針を打ち出さない限り、

あなたのチームには永遠にこれが続きます。

 

未熟なチームの程、主力と呼ばれる複数の選手から、

一斉に指令の声があがります。

Aさんは『投げるなーーー』

Bさんは『バックホームーーー』

これでは一貫性がなく、指示された選手はどうしてよいのか戸惑うばかりです。

こんなチームでは覇気も下がっちゃいますね。

 

『うちのチームは誰も声出さないので、困っているんですよ・・・』

という監督さんにお会いしますが、

司令塔を育てなければ、プレー中、声など出るはずもありません。

 

・監督が試合中の指示する選手を決める!

外野は〇×さん。内野は△□さん。と司令塔を

決めてあげるだけで選手の動きが明確になります。

司令塔を任せられた選手の成長も図れますし、

司令塔の導入によりチーム力は確実にアップしていきます。

やがてチームメイト通しの絆も深まり、

たくさんのいいプレーが生まれるようになります。

 

あなたのチームは試合中誰が指示を出していますか?

わさび

 

 

 

-戦略論
-, , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。