仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 ダブルスチールの補殺テクニックを公開!アウトカウントをひとつ奪う!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【戦略論】草野球 ダブルスチールの補殺テクニックを公開!アウトカウントをひとつ奪う!!

盗塁のサインが出せる選手って、

どんな選手を想像しますか?

 

走力?

走塁テクニック?など浮かびませんか。。。

 

相手チームの監督さんの立場になって考えてみると、

当然、セーフになる確率が高い選手にサインが出ますよね。

 

こんにちはわさびです。

 

セーフになる確率が高い選手

 

今回の話題は、ダブルスチールの補殺テクニックを公開! アウトカウントをひとつ奪う!!

という事でお送りします。

 

盗塁って、実はそんなに難しくなくて、

足が特別速くなくても、あるポイントさえマスターしてしまえば

楽々、チームの盗塁王を獲得することができます。

まあ、今回は盗塁テクニックうんぬんのお話しではないので、

丁度、ブログ内に盗塁のコツについて、

詳しくお話ししている記事もありますので、

よかったら合わせてご覧ください。

【走塁論】目指せ!盗塁王!!鈍足でも楽々塁を狙える超簡単な方法を伝授します。

 

・ダブルスチールのサインは出しにくい

監督はランナーの足が速いだけでは、盗塁のサインは出しにくいものです。

ましてや、3盗となるとなおの事です。

 

ダブルスチールのサインはかなりの冒険です。

ワンアウト2.1塁でダブルスチールが失敗に終われば、

ツーアウト2塁に変わります。

これだけ見てもかなり、ハイリスクハイリターンなのがわかります。

 

ランナーが3塁死したら、ランナーがひとり減るだけでなく

アウトカウントもひとつ増える事になります。

余程の信頼がおける選手にしか、3塁へのサインは出せないのです。

という事は・・・

 

裏を返せば、ダブルスチールをさせるということは、

余程の自信があるからに他ならないのです。

当たり前の事ですが、

ダブルスチールとは、ランナー2、1塁の時に出すサインです。

 

2塁から3塁への盗塁って、盗塁慣れしている選手でないと

結構、しんどいのですよ。

 

盗塁テクニックの本質を知っている選手からしてみれば、

2盗も3盗も大した差はないのですが、

単純に足が速いだけの選手には、

3塁へ盗塁をするのは勇気がいります。

当然、采配を振るる監督も勇気がいります。

 

 

・ダブルスチールの補殺テクニック

 

相手がダブルスチールという親子丼を狙ってくるのならば、

その心理の逆をついて、

アウトカウントをひとつ奪ってやればいいのです。

 

チョット考えてみてください。

 

そもそも、相手のランナーって、

2人揃って、足が速いとは限らないですよね?

たまに2人揃って、18歳超俊足という例外はあるが・・・

それはさておき、

わさびなら、迷わず2塁を刺しにいきます!

そして、キャッチャーに狙って刺させます。

 

通常はダブルスチールされたら3塁に投げますよね。

しかし、わさびは迷わず2塁を刺しにいきます!

 

到底、間に合わない3塁に投げて、

お腹の突き出た、鈍足ランナーに2塁に楽々到達されたもんなら

わさび許せないです。笑

キャッチャーが迷わず2塁を刺しにいくのは戦略としてアリだと思います。

 

これは、一塁ランナーの心理も交錯します。

一塁ランナーというのは、2塁ランナーが走り出さなければ

1塁ランナーは走り出す事はできませんよね?

 

いくらダブルスチールのサインが出てからと言って、

2塁ランナーが走らない可能性だってあるのです。

 

1塁ランナーが好ダッシュしてみたら、

2塁ランナーが走っていなかった・・・

もしもこんな事が起きたら、1塁ランナーは

確実の戻れません。

 

つまり、1塁ランナーは、

2塁ランナーより、確実にスタートが遅れるのです。

もう一度、繰り返しますが、

1塁ランナーは2塁ランナーより確実にスタートが遅れるのです。

 

盗塁はスタートが9割です。

残りの1割がスライディングなど、

その他の要素が必要となります。

 

スタートが遅れるということは、盗塁にとっては致命的です。

 

だからキャッチャーが迷わず2塁を刺しにいけば、

楽々、アウトになるのです。

 

また、1塁ランナーの心理は、

『どうせ、オレには投げて来ないだろう』

という勝手な思い込みがあります。

その安心感から、走塁が緩慢になるケースが多いのです。

ヘタをすれば、まともなリードすら取っていないケースもあります。

一塁ランナーが『おい、走れ!』なんて言われてから走り出す事もあります。

 

 

十分なリード取ってからスタートが切れる2塁ランナーを刺すのは

簡単ではありません。

無理に3塁に投げて焦りから暴投でもしたら、

カバーが遅れれば2点を献上してしまいます。

 

2塁への送球なら、1塁ランナーのスタートが遅れているので、

キャッチャーも落ち着いて刺しに行けます。

 

相手チームの2人のランナー。

ダブルスチール敢行の主導権は2塁ランナーにしかないのです。

 

どうですか、この意外性をつく作戦。

 

実は、成功率がかなり高いのです。

 

野球とは、相手の裏をかき、心理を考えるスポーツです。

頭のイイい人ほど、野球が上手です。

 

あなたは、考えて野球をやっていますか?

わさび

 

 

 

 

 

 

 

-戦略論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。