仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 ピックオフプレーで簡単にアウトを捕るコツ

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【戦略論】草野球 ピックオフプレーで簡単にアウトを捕るコツ

こんにちはわさびです。

あなたはピックオフプレーカット・オフ・プレーをご存知ですか?

 

外野に打球が飛んだ時、外野手からの返球に、

中継に入りカットマンが行う華麗なプレーです。

 

わさびは昔、1試合で

華麗なカットオフプレーを3度も目の当たりしてから、

そのプレーにすっかり魅了されてしまいました。

最大の魅力は何と言っても外野からバックホームでのカットプレーです。

 

 

 

 

・カットマンの役割について

そもそもカットに入る役割なのですが、

外野手からの返球をカットすることで、

ランナーの進塁を防御する役割がいちばんの前提になります。

 

例えば、ランナー二塁の場面で外野にヒットが飛んだとします。

バックホームするのに、外野手の1本バックが難しい場合は、

通常、カットマンが入ります。

この時、カットマンは、ホームに向かうランナーを刺せるか刺せないかの判断をします。

 

ホームでのアウトを視野に入れながら、

打ったバッターの動きにも注目しなければなりません。

もし二塁ランナーのホームインが確実とだと判断した場合は、

カットのみで送球はしません。

 

 

・華麗なカットからピックオフプレーを実践する

ホームへ突入したランナーを刺しにいくと見せかけて・・・

これはバッテリーの守備の演技力にかかります。

 

ピックオフプレー成功への鍵は、いかにランナーを油断させるかにつきます。

そして野手どおしの意思の疎通も成功の鍵を握っています。

 

外野手からの返球に入ったピッチャーにキャッチャーはが大きな声でこう言います。

『ノーカット、ノーカット!』

いまにも、ホームにボールをよこせと言わんばかりの迫真の演技をします。

 

打ったバッターは一塁を回りながら、

『ははーん、外野からホームへ投げるんのだな・・・』

『ヨシ!、楽々、2塁は頂きだ!!』と油断します。

ここに一瞬のスキが生まれます。

 

外野から返球されたボールを受けたカットマンは、ホームに偽投します。

そして打ったバッターを2塁で刺します。

 

案外と打ったバッターは油断しているので、アウトになる確率は高いです。

ホームインはとても間に合わないと判断した時、

このピックオフプレーが成功する確率が高まります。

 

こんなワンランク上のプレーをみせられたら、

相手チームはたまったものではありませんね。

意気消沈して次のプレーに影響を及ぼしかねません。

 

いつか瞬間が訪れたら、大いにやってみる価値のあるプレーなのです。

 

 

野球は心理戦です。

頭を多く使うものが勝利を支配します。

あなたは頭脳を使ってプレーしていますか?

※ピックオフプレー

投手や捕手が野手としめし合わせて、走者の虚をついてけん制球を送りアウトにするプレー。

 

 

 

 

 

-戦略論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。