仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】軟式草野球 正しい打順の決め方!!監督が打率よりも打点の高い選手をクリーンアップに選ぶ理由とは!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

【戦略論】軟式草野球 正しい打順の決め方!!監督が打率よりも打点の高い選手をクリーンアップに選ぶ理由とは!?

こんにちはわさびです。

今回は、草野球の監督が頭を悩ませる打順の決め方について、

クリーンナップを任せたくなる選手について

お話していきたいと思います。

 

監督というのは、

チャンスに強いバッターを求めているのです。

試合は勝ったほうが嬉しいに決まっています。

 

ならば、ランナーが得点圏にいるとき、

すんなりとホームに返してくれる選手を

クリーンアップに置きたいのが心情です。

そうです!

ランナーが得点圏にいるとき、すんなりとホームに返してくれる選手です。

 

 

さて、クリーンアップ選びなのですが、

チーム内を見渡してみると、

ここだけの話、

これが、なかなかいないですよね。

メンバーが20人在籍しているチームでも、

多くて3.4人いるかどうかなのです。

 

中には、年間通して、20試合出場して、

打点0という選手も珍しくありません。

 

ましてや、ここは草野球チームのお話し。

全員が、毎週、毎週、参加できるとも限らないのです。

ここが、頭の悩ませどころです。

 

わさびが、監督として、

どんな選手にクリーンアップを任せているかといいますと、

単純にデーター重視です。

まず、打点の多い人に注します。

ようするに点取り屋さんです。

 

必ず、いるんですよ。

妙に、打点の多い選手って・・・。

打率はチーム内で10番目くらいだけど、毎年、打点王争いをする選手。

こんな、点取り屋さんはホントに重宝します。

クリーンナップについては、後ほど、ゆっくりとお話しします。

 

・1.2番バッターを選ぶ!

1.2番バッター選びで、

もっとも重視するのが出塁率です。

 

塁に出ることが、1.2番の仕事だと言っても、

過言ではありません。

 

打撃内容が、例えエラーのよる失策打だろうが、

デットボールだろうが、フォアボールだろうが構わないのです。

 

要するに、1.2番は出塁してくれれば良いのです。

とにかく出塁しないと話にならないのが

1,2番を任されたバッターの宿命なのです。

 

そこで、わさびが注目しているのは、

・頭が良くて、四死球の多い選手を選ぶ

こんな選手は必然的に選球眼が良い選手です。

 

もちろん、頭の良さとは、東大を卒業しているという意味ではなく、

野球は一球、一球毎、そして一場面、一場面、

刻々と状況が変わるスポーツだと理解している人です。

頭の回転の早い選手は、

1.2番の適正力が高い選です。

1.2番に何も考えていない選手を置くと、得点力はダダ下がりします。

 

『ここは右狙いだな・・・』とか、

『さっきは、カーブで泳がされたから、初球から変化球でくるかも・・・』と、

わさびは、頭を使って野球をやっているのか、やっていないかを重要視します。

 

・三振が極端に少ない選手を選ぶ

1.2番の適正力には、三振が極端に少ないというのも必要な要素です。

相手チームが警戒する打順でもあるのが1.2番バッターです。

試合が終わってみれば、1,2番の二人で6三振では、打線はまったく機能しません。

それに三振が少ない=ミスショットも少ないと考えられます。

 

・俊足である選手を選ぶ。

特に1番は俊足選手が良いです。

足が速ければ、盗塁ができます。

足があれば送りバントも決めやすいです。

鈍足ランナーだと正直、攻める選択肢が少ないですよね。

 

そして、俊足の選手だと、ゲッツー、ダブルプレイになる確率が非常に少ない選手です。

ノーアウトランナー一塁で、

1番バッターが内野ゴロでも、

最悪、俊足ランナーが一塁に残ります。

ここから盗塁すれば、ワンアウト2塁というチャンスをつくる事ができます。

 

要の1、2番で一気に2つのアウトを取られてしまうと、

それだけでチームは意気消沈してしまいます。

なので、俊足の選手が理想的となります。

2番バッターも俊足の選手に越したことがないですが、

チーム事情により俊足の選手はいないよ!なれば、

器用かバッターを優先しましょう。

バント、スクイズ、右打ち、ピッチャーに球数を使わせる。

ねちっこいバッターは相手に取って、いやらしいです。

 

 

・打率と出塁率の考え方

打率と出塁率の数字にあまり開きがない選手というのは、

正直、あまり使い勝手がよくありません。

具体的な数字をお伝えすると、

打率は300.出塁率は333.というようなタイプの選手です。

この数字の選手は、頭を使わないで野球をやっている人が多いです。

だだ単に来た球を打つ選手。

このような、一か八かのタイプは消去法で、

7.8番あたりに置くしかありません。

 

 

ならば、数字だけで見ると、

わさびはこちらの選手を上位打線に使います。

打率260.出塁率485.のような選手。

このほうが、はるかに1.2番向きです。

もちろん、鈍足ではないという条件がつきますが・・・。

打率よりも出塁率なのです。

 

余談になりますが、先ほどから頭の良い選手と

多用していますが、頭の回転が良い人は、

本当に1.2番に向いています。

いちいち指示を出さなくても、自分で動ける選手。

頭の良い人は、野球のセンスがあります。

 

野球は頭を使うスポーツです。

また機会があれば、違う所で、お話ししたいと思います。

 

さて、さて、ここでブレイクタイム!

あなたのチームはスコアつけていますか?

スコア=データーは嘘をつきません。

頭の中のイメージでオーダーを組むよりも、

データーを重視することを強くおススメします。

 

・クリーンナップを選ぶ!

さて、1.2番に続き、次は、本題のクリーンアップ選びです。

 

おや、ここの4人の選手がいます。

A選手打率370.打点6 本塁打7

B選手打率285.打点14 本塁打1

C選手打率302.打点6 本塁打5

D選手打率270.打点22 本塁打0

この4選手を見渡して、クリーンナップをえ選択していきます。

順を追って、3番~5番の打順選びをしていきましょう。

 

わさびが選ぶオーダーはこうなります。

3.D選手打率270.打点22 本塁打0

4.A選手打率370.打点6 本塁打7

5.B選手打率285.打点14 本塁打1

6.C選手打率310.打点6 本塁打5

 

3番のD選手の打点が、ズバ抜けて多いです。

つまり、何らかのアクションを起こせる選手ということになります。

3番に座りながらも、得点圏では、いつも浅いフライや三振。

打っても正面を突く内野ゴロでは話になりません。

 

3番のD選手は、例え、内野ゴロでもランナーを返せる方向に

打つことができるので打点をあげられます。

点取り屋さんは、とても信頼できるバッターです。

 

打点の少ない選手は、比較的、満塁でピッチャーゴロや、

内野にポップフライをあげがちです。

これらは、全てを数字が物語っています。

 

4番A選手は打率も本塁打も多い。

存在感も抜群で申し分ないです。

 

 

5番は、B選手を置きました。

チームで2番目に打点が多く、とても頼りになります。

そしてクリーンナップから漏れた

C選手は6番としました。

打率って、魔物なんですよ。

C選手の310.D選手と270.では、

C選手の310.のほうが、

遥かに数字が高いのは明白なのですが、

実は、見た目の数字ほど、差がないんですよ。

C選手310.とは100打数31安打です。

D選手270、とは100打数27安打です。

この差は、たったヒット4本です。

100分の4です。

 

ねっ、こうして数字に置き換えて

眺めてみると、

打率にそれほど違いはないという事です。

 

でも、草野球って、出塁率には大きく数字の差が生まれるですよ!

出塁率6、7割なんて、普通にいたりしますからね!!

出塁率.250出塁率.650では、

100打席で25回出塁するか、65回出塁するかですよ!!

なので、草野球は出塁率を最重視するべきなのです。

 

ここまで打順の1番から6番までが決まりました。

残り7,8.9番の下位打線となります。

 

・9番バッターを選ぶ!

次に9番を選びましょうか。。。。

9番は2番目に足の速い人。

俊足の選手が適任です。

出塁率も高いほうが良いです。

9番が出塁して1.2番がチャンスメイクをして、

クリーンアップでビックイニングに繋がる事が非常に多いです。

最後に7.8番を決めて完了です。

・7.8番バッターを決める!

プロ野球であれば、選手層の厚さから、

7,8番を決めるのに選択幅があります。

 

しかし、ここは草野球。

試合に9人ギリギリというのは”草野球あるある”です。

 

限られた選手からの選択となりますので、

基本的に7.8番は、

1番~6番と9番を決めた後に最後に残った選手となります。

なので、どうしても7.8番バッターは消去法で残った選手となります。

監督としてら、ここの下位打線で、アウトが2つ続く覚悟も必要です。

 

万が一、あなたのチームは、選手層が厚いよ!といのであれば、

7,8番にはもう一度、クリーンナップを作ります。

『今日は15人もいるぞ!!』

 

なんて時は、Wクリーンナップをおススメします。

123456789

345のクリーンナップを234にスライドします。

23456789

そして、678に、もう一度、クリーンナップに相応しいバッターを配置します。

234678

打線に切れ目がなくなります。

毎回、攻撃力のある、超・強力打線ですよね。

 

わさびは、いつも打点、出塁率を顧慮しながら、打順を考えています。

これだけで、勝てる打線が完成します。

点取り屋さんと出塁率

 

あなたは打線を組む時、最重要視していることは何ですか?

わさび

 

 

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。