仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 振り逃げ三振‼プロ野球選手も勘違いする落とし穴!正しいルールを知れば思わぬ得点を奪えます

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【戦略論】振り逃げ三振プロ野球選手も勘違いする落とし穴!正しいルールを知れば思わぬ得点を奪えます‼

あなたは三振振り逃げの正しいルールをご存知でしょうか?

ノーアウト又はワンアウトでランナーが1塁、1,2塁、満塁のいずれかのケースでは、

ツーストライクで空振りをしたらキャッチャーがファーストに送球をしなくても三振の宣告がされます。

たぶん、ほとんどの草野球選手が、本当のルールを完璧に言えないのではないでしょうか?

今回は、振り逃げについて詳しく解説していきたいと思います。

軟式野球では、時に、ルールが曖昧で勘違いしている点があります。

振り逃げ三振はその代表的なルールのひとつです。

例えば、ショートバウンドで三振した場合、

これも振り逃げの対象となります。

せっかく振り逃げ三振の権利を得たのですから、

いくらキャッチャーのミットにショートバウンドしたボールが収まったとしても

イチかバチか全力疾走をするべきです。

相手チームのキャッチャーがルールを知らなければ、慌てる事間違いなしです。

 

・不意を突く走塁で振り逃げ三振サヨナラゲームを得る!

例えばですが、7回裏、2-2のスコアで、場面はワンアウト1,2塁のケースです。

バッターはショートバウンドの球に三振したとします。

ルール上、ワンアウトで1,2塁とベースが埋まっているので、

このケースではバッターに振り逃げは適用されません。

キャッチャーがファーストへ送球しなくても、

自動的に三振となりツーアウト1,2塁となります。

ころがここで、

不意を突く走塁をしてみるのも手です。

 

指示を出し、空振りしたバッターを1塁へ走らせるのです。

ここで、相手キャッチャーが、

慌ててファーストへ送球でもしてくれたら儲けものです。

 

ルール上、インプレイが適用されています。

万が一、暴投でもしてくれたら、一気に2塁ランナーはホームへ生還できます。

『ゲームセット!』

サヨナラゲームとなるのです。

このバッターの行動は、走っただけでは守備妨害とはみなされません。

相手キャッチャーは冷静に1塁ベースなど気にせずに、

2塁ランナーの進塁を阻止する動きをすればよかっただけにすぎません。

んん、振り逃げのルールって、ややこしいですね。

振り逃げ三振のルールというのはホント、曖昧に記憶されています。

こんな場面に遭遇したら、是非、仕掛けるのも手です。

ツーアウトはランナーの有無に関わらず振り逃げが成立します。

これは、必ず覚えておきましょう。

 

三振振り逃げとは、

故意に併殺打、ダブルプレーができないように

ノーアウト、ワンアウトの場合は、1塁にランナーがいる場合は、振り逃げは成立しません。

しかし、ツーアウトの場合は、ランナーがいようがいまいが、

ダブルプレーがないので、三振振り逃げは適用されるのです。

 

1塁にランナーがいると、

ショートバウンドで三振したバッターが、

その時点でベンチに帰ってしまう事がよーくあります。

 

ツーアウトの場合は、どんな局面にあろうが

三振振り逃げがは適用されます。

この事実は、是非、チーム内で共用しておきましょう。

 

もしも、ツーアウト満塁でショートバウンド、

しかも後逸でもしたら、全てのランナーは進塁する事ができるのです。

これは草野球の試合では、しょっちゅう起こりうるシチュエーションです。

 

 

実は、こんな有名な珍事件が、2007年の高校野球で起きています。

神奈川県大会の準決勝で、東海大相模高校VS横浜高校試合でした。

 

東海大相模のマウンドにいたのは、菅野智之選手(現・読売ジャイアンツ)でした。

こんなに有名な2校。

甲子園大会にも出場する常連校でさえ、

振り逃げをめぐる痛恨のミスを犯してしまうのです。

4回表、東海大相模の攻撃。

バッターボックスに立ったのは、

菅野智之選手でした。

場面はツーアウト1,3塁です。

バッターの菅野はワンバウンドの球を空振りして三振を喫します。

しかし、次の瞬間です。

三振した菅野はきょとんとして立ち尽くします。

守備側の横浜高校の選手たちは、

スリーアウトになったと勘違いをしてそのままベンチに下がってしまいます。

グランド上にいる棒立ちの菅野選手にベンチから指示が出ます。

『振り逃げだ!走れ!』

バッターランナーの菅野は2塁ベースまで到達します。

そして塁上に一度、立ち止まります。

 

さらにベンチからは、

『ホームまで還ってこい!』

結果、三振振り逃げをした菅野選手はダイアモンドを1周して、

東海大相模が前代未聞の振り逃げ3ランを決めたのです。

 

こんな振り逃げの珍事は、日本のプロ野球でも、

アメリカメジャーリーグでも度々起きています。

 

わさびも通算700試合以上を試合をしてくると

実は経験したことがありまして・・・。

 

というよりか、いつかチャンスがきたらいつか狙ってやる!

とひとりで思っていました。

 

記憶では2005年あたりかと思います。

試合のスコアや勝敗は覚えていませんが、

得点した事はだけは鮮明に記憶しています。

 

やはり場面は、勘違いしやすいツーアウトの局面です。

ランナーは2,3塁にいます。

そしてバッターには、

『ツーアウトでも振り逃げがあるからな!!』と耳打ちをしておきました。

 

3塁ランナーコーチャーにはわさびが付きます。

これで準備万端です。

事前に3塁ランナーはリードを取らせて、いつでも走れる体勢を整えておきます。

そして、狙い通りと申しますか・・・。

バッターは見事ワンバンドで空振り三振しました。

 

わさびは『ゴー!ゴー!!』と叫びます。

ランナーは一斉にスタート切ります。

キャッチャーは空振りに取った球を後逸しました。

2塁ランナーは、手をグルグル回すわさびを横目にホームインします!

念願の振り逃げによる得点を奪う事が出来たのです。

 

『やったー!』

わさびはひとりで喜びました。

あとで、この得点についてチームミーティング話をしましたが、

本当のルールを知っている選手は少なかったです。

 

ここで最後に三振振り逃げのルールのおさらいをします。

まず、バッターは空振りをしても見逃しの三振でも成立します。

※振り逃げという名称から振らないといけない気がしちゃいますね。

見逃しの三振も振り逃げの対象です!

しっかりと認識しておきましょう。

 

 

そして、ボールが一度地面につく事も条件となります。

※球がワンバウンドをしてミットに収まる。又はキャッチャーの落球、後逸などが対象となります。

 

ノーアウト、ワンアウトの場合は、1塁にランナーがいない事が条件となります。

※1塁が埋まっていると故意に併殺打、ダブルプレーを取れるので攻撃側が不利になる為である。

 

ツーアウトの場合は、ダブルプレーは起こりえないので、ランナーがいてもいなくても振り逃げは成立するのです。

この作戦をやるかやらないかは別として、

自軍のキャッチャー陣には、ワンバウンドで三振に斬った時は、

とりあえずバッターランナーにタッチするか、1塁に投げるを徹底しておきましょう。

 

そしてルールのわからない選手には

とにかく、『何でもいいから走れ!』と指示を出しておくとよいでしょうね。

 

あなたの記憶に残る珍プレーは何ですか?

 

わさび

-戦略論
-, , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。