仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

戦略論

【戦略論】草野球 ランナー1塁の場面 バッターに右打ちをさせて確実にヒットを打たせるマル秘作戦

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

【戦略論】草野球 ランナー1塁の場面 バッターに右打ちをさせて確実にヒットを打たせるマル秘作戦

こんにちはわさびです。

わさびは野球が大好きです。

その理由のひとつに”心理戦”があります。

 

だって、こんなに人間心理を突くスポーツって他にはないでしょう~。

って、他にもいっぱいあるか。。。

ホント、スポーツって、カケヒキが面白いですよね。

と切り返しが素早いわさびです。

 

今回、ご紹介するマル秘作戦は、

ランナー1塁に出た場合、右打ちで確実にバッターにヒットを打たせる方法になります。

この作戦を実行すれば、必ずや右打ちでヒットにさせます!!

そしてチャンスを広げてみせます。

 

まず、言えることは、ランナーの足の速さなど正直どうでもいいです

 

・作戦実行のポイント

打者が右に打つ事が出来るか、できないかの判断をする。

 

これは、打席に立つバッターの資質にもよるのですが、

指示通り右打ちができるバッターのが好ましいです。

 

それでは試合で選手に指示を出してみましょう。

 

『おい、例の作戦で打たせるぞ』

とバッターとランナーに指示をだします。

 

いつもの作戦の指令を受けたランナーは、
盗塁する気満々で塁につきます。

もう、柔軟体操かなんかして、
いかにも走るオーラをかもし出します。

大げさな選手は、指をポキポキと鳴らしながら

『盗塁しちゃうかもよ~』とスタートの練習をしたりして・・・。

 

もちろんリードは大きく取って帰塁だけに集中します。

そして、けん制を誘います。

 

この間、相手チームの1塁手はベースにベタ付きになります。

※通常シフトはベースにつきますけどね。。。

大げさに盗塁をアピールするのは心理的要素がデカいです。

 

ランナーが盗塁する気満々ともなれば、

気になって仕方がなくなります。

 

バッターに目を移すと、口笛を吹いて、

初球は見逃す気満々の態度を取っています。

 

こうなるとバッテリーは、

セカンドでランナーを刺す事を考えると、

初球から遅い変化球というのは投げにくいものです。

 

『バッターは初球から打つ気なさそうだし、ランナーも初球でどうせ走るだろう』

とストレートでファーストストライクを取ろう!と安易に考えがちです。

 

こうなるとバッターも狙い球を絞りやすくです。

ヒットゾーンは確実に広がり、狙い球の絞れる。

後は、一二塁間に強い打球を転がせば、ほぼヒットとなります。

 

最悪でも進塁打となりますし、
バッテリーが心理的に、

『なかなか、走ってこないな・・、いつ走るのだろう?』と

動揺している間も、

常にバッター優勢で試合の主導権も握る事ができるのです。

 

2,3球でとっとと仕留めてもらいましょう。

・右打ちが苦手は選手には・・・

わさびは、右打ちが得意な選手でなくても、

右に打球が飛ぶ確立が高そうな場面は、

この作戦の指示を出します。

 

打者とピッチャーとの相性を深読みして

普段、左方向にしか打球が飛ばない選手でも、

この場面は、『確率的に右に飛ぶかも~』という場合があります。

 

こんなときも、この作戦を発令します。

あなたは試合のカケヒキを楽しんでいますか?

 

わさび

-戦略論
-, , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。