仕事に活かせる野球メンタル術 勝てる草野球を科学する専門家

メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート

用具論

【用具論】軟式草野球 マイバットを購入したほうが打てる理由!?

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

【用具論】軟式草野球 マイバットを所有したほうが打てる理由!?

うちのチームのマイバットを所有率は3割です。

人数にしたら6人です。

どこのチームもマイバットの所有率はこのくらいでしょうね。

マイバットを持たない人の理由は様々ありますが、

そんなマイバットに興味がない選手は、

チームバットを使用して試合や練習に参加しています。

 

しかしチームバットと言っても、

部費で購入したバットを所有するチームはほとんどありません。

 

その多くが監督のお古やチームを去って行った選手の忘れ形見だったりします。

そこで今回は、マイバットを所有したほうが打てる理由を考える

という事でお話ししたいと思います。

 

こんにちはわさびです。

自分専用のマイバットを所有するのが、

当たり前な選手からすると、

マイバットを持たない理由がありません。

 

毎回、そこら辺にあるバットの中から

選んで毎回、違うバットを使用するだなんて

到底考えられない事なのです。

 

人によっては2本、3本と購入して、

使い分けている人もいます。

速球派投手、軟投派投手によって使い分けたり、

自身のコンデションによっても

バットを使い分ける人もいるほどです。

 

それに最近のバットはとにかく性能がイイ!

ボールがバットの芯に当れば、

その反発力でセカンドの頭など軽く越していきます。

 

そんな自分専用のバットをするには理由があります。

打撃を追求する選手には欠かせない要素。

それがバットなのです。

 

まずは、形から。と言いますが、

バットはそう断言できる野球用具なのです。

 

マイバットを所有する選手は、

自分なりのバットへの拘りがあります。

 

グリップエンドの形状を選ぶ。

グリップ力を高める為に、

丹念にグリップテープを巻きます。

 

アベレージヒッターの所有するバットのグリップエンドは、

タイカップだったりします。

 

バットのグリップエンドは、

主にL字型とタイカップ型の2種類あります。

 

バットの多くはL字型になります。

しかし自作で気軽にL字型からタイカップに変更できます。

タイカップ用のゴムとグリップテープを購入すれば、

自分でも1000円以下で加工できます。

 

タイカップはL字型と比較すると、

力を必要としない分、コンパクトに振り抜けます。

ミート力が格段とUPしますので、

非力なタイプのバッターは大いに試す価値あります。

 

逆にパワーヒッターは、より遠くへ飛ばす為に、

L字型を使用しています。

 

こうしてマイバットに拘ると、

バッターに愛着が湧いてきます。

当然、肝心な自身の打撃にも興味が湧いくるのです。

 

マイバットを家から持ってくるのを忘れた時はショックです。

マイバットのない試合の出場するなんて、

クリープのないコーヒーのようなものです。

 

手に馴染んだマイバットで打席に立つというのは、

メンタル面を考えても、相乗効果は絶大です。

 

慣れ親しんだ相棒を振る。

いつものしっくりくるバット。

 

野球は投手対打者の対戦です。

そして圧倒的に投手が有利なゲームです。

10回対戦したら、7回、打者が負けるのです。

自分に適したバットで、勝負に挑むみたいのです。

 

しかし、マイバットと言っても、

価格はピンからキリまであります。

 

1,980円という激安バットから、

中には5万円もするバットもあります。

 

ただ一つ言える事は、

振った感触がしっくりくるバットを選ぶべきだという事。

重さ、長さ、素材、価格。

それよりも大事なのは、

振った時にしっくりくるバット

 

バットの芯に球が当たらなければ、

打球は前に飛びません。

 

いくら高価なバットを購入しても、

重た過ぎて満足のいくスイングができないのでは、

宝の持ち腐れです。

 

バットのバランスは大事。

またミドルバランス、トップバランスなど、

バットの重心に趣を置く輩もいます。

バットのバランスは3種類あります。

 

カウンターバランスは、

グリップエンドに重心があります。

非力な選手向きで振り抜きやすいのが特徴です。

 

しかし最近ではこのモデルは、

ほとんど見かけなくなりました。

 

またトップバランスは、

バットの先端に重心があります。

主にパワーヒッター向きですが、

非力タイプの選手でも、

振り抜きの良いバットであれば問題なく使用できます。

 

そしてミドルバランスは、

バットの芯の部分に重心を置いています。

ロングヒットを狙う中距離バッター向きのモデルと言えます。

長さ、重さと言うのもスイングスピードに影響します。

長すぎればコントロールしにくいし、

短ければ操作性に優れています。

 

また重たければ、球はより遠くに飛びますが、

その分、スイングスピードに影響します。

 

 

しかし、長さと言っても、

そのほとんどが83cm~84cmです。

実際に長さって、あまり影響はありません。

そのバットに慣れてしまえば、

体でバットの長さと一体なれるのです。

 

しかし借り物バットを使っていては、

毎回、長さが違うのです。

それだけミスショットも多くなるという事です。

 

バットの長さを気にして打席に立つ人はいません。

『このバットは81cmだから外が届かない』とか、

『今日は85㎝だから大丈夫』とスイングする人はいません。

 

バットは長いほうが良いです。

しかし、振りきれないバットでは、

遠心力により満足なスイングをする事ができません。

 

2~3cmの差などはほとんど影響がないので、

そんなに長さに拘る必要はないでしょう。

バット長さはあまり影響がない。

 

バットの重さは、

軽ければ軽いほどスイングはブレにくいです。

より鋭いスイングをする事が出来ます。

大人が少年用バットを振れば、

軽いので『ブン!』という音がすると思います。

 

しかしバットが軽いと、

その分、飛距離は落ちます。

 

自分にもっとも適した重さを選択する事で、

安定したスイングができるのです。

 

少しでも『重たい・・・』と感じるバットは

選ぶべきではありません。

 

『やや軽いかな・・・』というバットが

最も適したバットなのです。

バットはやや軽いものを選ぶ。

 

次にグリップの太さですが、

太ければバットに当てやすい。

細ければ芯を喰わらなければ前に飛ばずに切れるのです。

 

一長一短ですが、

太い派の選手は、細いバットだと空振りが多いが、

太いと打球を捕らえやすいと考えています。

 

細い派の選手は、太いバットだとファウルになってしまう打球が、

フェアゾーンで凡打になり易いので嫌います。

細ければ芯で捕えた打球が飛ぶと考えいるのです。

 

バットの太さは一長一短である。

 

実は意外と大事なのがグリップの太さです。

選ぶ基準は自分の手の平に合った、

太さをチョイスする事です。

 

手の平が大きい人はグリップが太くても大丈夫ですし、

手の平が小さかれば、グリップは細めのほうがしっくりきます。

 

グリップの太さは、テープで調整する事も可能なので、

握りやすい太さにすると良いです。

 

またグリップテープも劣化します。

グリップテープが剥げていては、

インパクトの瞬間、手が滑ってしまいます。

 

定期的なメンテナンス作業が必要です。

わたし1年に1回新品のグリップテープを巻いています。

グリップテープは1本300円~と

手頃な価格で購入できるので安価で性能UPが計れます。

グリップは握りやすい太さを選ぶ。

 

こうしてマイバットを所有する

メリットはたくさんあるのです。

 

最後に打者を2タイプに分けて

表にまとめてみましたので参考にして下さい。

 

 

以上、如何でしたか。

 

あなたもマイバット持ちたくなりましたか?

 

わさび

 

-用具論
-, , , , , ,

Copyright© メンタルを鍛え47歳で首位打者を取った草野球監督兼選手わさびの戦略レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。